お得なエコカー減税対象車を選択する

各自動車会社ではお得なエコカーを販売しており、
エコカー補助金が打ち切られた現在でも取得税や重量税の減税は適用されています。

取得税については、平成27年3月31日までに新車を取得すれば良いですし、
重量税については、平成27年4月30日までに新車として登録をするか
初めての車検を受ければ良いのです。

二つの基準

エコカー減税について、現在では2つの基準がありまして
平成17年排出ガス基準と、平成27年度燃費基準あります。

移行期間として平成22年度燃費基準というものもありましたが、あくまで参考とされています。
それぞれの基準を達成しているとエコカーの窓ガラスにステッカーが貼られることになります。
いわゆる次世代自動車と呼ばれる電気自動車やプラグインハイブリッド自動車、
クリーンディーゼル車において平成17年排出ガス基準から75パーセント低減されたレベルが求められます。

非メタン炭化水素や窒素酸化物の排出をできるだけ減らせるように、
各自動車会社が工夫をしているのです。

低燃費なほど高い減税率

これに加えて、平成27年度燃費基準を何パーセント上回っているかで優遇内容が変わってきます。
性能が高いエコカーは高額になりがちですが、その分大きく減税されていますので
購入する自動車を選択する際は、トータルコストを考慮しなければなりません。

たとえば、平成27年度燃費基準通りの達成率であれば、
取得税と重量税は50パーセント軽減され、自動車税も25パーセント軽減となります。

さらに基準を10パーセント上回れば取得税と重量税の軽減は75パーセントに上昇し、
自動車税も50パーセント軽減です。そして基準を20パーセント上回ったエコカーは
何と取得税と重量税は全額免除となるのです。

このように条件が細かく決められていますので、ディーラーなどで購入する際には
達成率をきちんと確認して、何パーセント減税されるのかを調べます。
対象車となるエコカーは各自動車会社ホームページなどでも紹介をしています。

Contents

COPYRIGHT© 2013 トヨタパッソに乗り換える ALL RIGHTS RESERVED.